お問い合わせ

TEL: 0284-41-7791

FAX: 0284-42-8048

noshiro7@watv.ne.jp

営業時間

AM8:30~PM7:00

休業日

日曜•祝祭日 第2土曜日

住所

〒326-0022

栃木県足利市常見町2丁目7−3

■車検

関東運輸局 指定工場(民間車検場)です!

朝/引取〜夕方/納車 1日車検OK! 自宅でも勤務先での引取・納車いたします。

車両積載車完備 代車無料 愛車の廃車・処分

■整備

デジタルカメラを使用して、お客様に作業工程の説明をしております。    

新品部品からリサイクル・リビルド部品までご予算に合わせた整備見積りを作成いたします。

*ヴィッツ 1,000cc H22.5登録 走行165,300㎞

アイドリング不調・発進時ガクガクするとの事で入庫されました。

      ①            ②             ③            ④

●点検の結果 No1シリンダのバルブステムオイルシールが硬化しエンジンオイルが燃焼室へ浸入。インテークバル  ブスラッジ(かす)が大量に付着しピストンリングが固着。(画像①②)シリンダ及びピストンにスカッシュキズ(引っ掻き傷)が入り圧縮漏れが生じていた。(画像③④)

● エンジンオーバーホール(分解・清掃・部品交換)

ユーザーのまだ乗り続けたいとの希望により整備。

最近では中古エンジン乗せ替えが多くなってきており、オーバーホールを選択されるユーザーも少なくなっておりますが、中古エンジンの当たり外れもあり状態によってはオーバーホールをお勧めします。

 

● 原因

オイル交換時期(5000㎞)を1万㎞以上超過やオイルランプが点灯するまで走行しオイル切れなどを数回繰り返しておりました。よってバルブガイドオイルシールの硬化を招いた。

● この様にならないためにも

定期的なオイル交換、お車に合ったオイルグレードをお勧めします。

* 2ton ダンプ  走行128,000㎞ クラッチ滑りにより走行不能になりました   

《 クラッチオーバーホール作業 》

クラッチディスクの摩耗、クラッチカバー       ミッションAssyを取り外した状態

  及びレリーズベアリングの交換が必要です

* エンジンヘッドオーバーホール

 

 

“オイル交換の不適切”により カムシャフト・バルブ・

    シリンダヘッドにスラッジが多く見られます

* フロントディスクブレーキローター交換

 

 

 

パッド残量がないまま走行した為、

      ディスクローターが破損状態です

* フロントディスクキャリパーオーバーホール


 

 

 

Oリング劣化によりブレーキオイル漏れ